三元牌を3枚ずつそろえると
大三元という役になる(副露しても成立)

スポンサードリンク

大三元(ダイサンゲン)

役満・食い制限なし

 

大三元(ダイサンゲン)とは、どんな役?

 

①3種類の三元牌を刻子(コーツ)か槓子(カンツ)でそろえる。

 

②残りの1メンツとアタマはなんでもOK

 

③テンパイの形に制限は無い。※どんな待ちでもOK

 

④副露(フーロ)してもOK ※食い制限なし

 

 

大三元(ダイサンゲン)のアガリ例

 

 

中パパ中パパ

三元牌のうち2種類をポンしている人に
残りの1種類をポンされないように気を付けるんじゃゾ

ポンされて責任払いになるくらいならオリたほうがマシじゃゾ。

 

◆アガリ役のデータ◆

出現率:半荘1回の役の出現確率

副露:食い制限なし>食い下がり1翻>メンゼンのみの順で数値が高くなる。

翻数:役の高さ(最高数値は、役満の13翻)

重要度:役の重要度(数値が高いほど優先して覚えよう)

難易度:役作りの難しさ(高いほど作りにくい)

 

実戦でのポイント

 

小三元(ショウサンゲン)狙いで手を進めていって、大三元(ダイサンゲン)が
できそうなら狙ってみよう。

食い制限がないからといって、三元牌を連続でポンすると
相手に警戒されるので、
残りの1種類は捨ててくれなくなる。

ポンは、できるだけ少ない回数にしておこう。

 

發美ママ發美ママ

3種類の三元牌のうち1種類を暗刻でつくって、残りの
2種類はポンしてでも対子から刻子にしていきたいわ。

三元牌を捨てずに大事に出来るかがポイントよ。

大三元にこだわり過ぎず、小三元狙いに軌道修正することも時には大事よ!