暗槓(アンカン)でも明槓(ミンカン)でもいいので
槓子(カンツ)4組そろえる役

スポンサードリンク

 

四槓子(スーカンツ):役満・食い制限なし

 

四槓子(スーカンツ)とは、どんな役?

 

①槓子(カンツ)を4つ作る。※暗槓(アンカン)でも明槓(ミンカン)でもOK

 

②アタマはなんでもOK ※字牌・数牌どちらでもOK

 

③テンパイの形は、タンキ待ちのみ

 

④食い制限がないから副露(フーロ)してもOK

 

 

四槓子(スーカンツ)のアガリ例

 

 

南ニャン南ニャン

4回カンするから必然的に裸タンキの待ちになるニャ。
麻雀の役の中で一番難しい役だニャ。
幻の役満“と言われるぐらいだニャ。

 

 

◆アガリ役のデータ◆

出現率:半荘1回の役の出現確率

副露:食い制限なし>食い下がり1翻>メンゼンのみの順で数値が高くなる。

翻数:役の高さ(最高数値は、役満の13翻)

重要度:役の重要度(数値が高いほど優先して覚えよう)

難易度:役作りの難しさ(高いほど作りにくい)

 

 

実戦でのポイント

 

通常カンが4回入ると4カン流れの四開槓(スーカイカン)で流局となるが、

(嶺上牌が4枚しかないため)、一人が4回カンをした場合は流局とはならず

その後、※他家が5回目のカンをしたら流局となる。※一部ローカルルール

 

ローカルルールだが、一人で4回カンをした時点で四槓子(スーカンツ)の

アガリと認める取り決めもある。

 

四槓子(スーカンツ)の責任払い

すでに3つのカンをしている人に、4つ目を大明槓(ダイミンカン)させた場合。