暗槓(アンカン)でも明槓(ミンカン)でもいいので
槓子(カンツ)3組そろえる役

スポンサードリンク

三槓子(サンカンツ)

2翻役・食い制限なし

 

三槓子(サンカンツ)とは、どんな役?

 

①槓子(カンツ)を3つ作る。※暗槓(アンカン)でも明槓(ミンカン)でもOK

 

②最後の1メンツとアタマはなんでもOK ※字牌・数牌どちらでもOK

 

③テンパイの形に制限は無い。※どんな待ちでもOK

 

④食い制限がないから副露(フーロ)してもOK

 

 

三槓子(サンカンツ)のアガリ例

 

 

中パパ中パパ

役満を除いた、通常役の中で、この三槓子が
最も難度が高く、低出現率の役になるゾイ

 

 

◆アガリ役のデータ◆

出現率:半荘1回の役の出現確率

副露:食い制限なし>食い下がり1翻>メンゼンのみの順で数値が高くなる。

翻数:役の高さ(最高数値は、役満の13翻)

重要度:役の重要度(数値が高いほど優先して覚えよう)

難易度:役作りの難しさ(高いほど作りにくい)

 

 

実戦でのポイント

 

三槓子(サンカンツ)は高難度で滅多にできない役なので、狙って作れるものではない。

 

1種類4枚しかない牌を3組ずつそろえるのは確率的に難しい。

 

仮に3回カンできたとしても、それだけカンするとドラと槓ドラ3枚で

ドラ表示が4枚、裏ドラと槓ウラ合わせて4枚で計8枚にもなり、

自分がアガれなかったときのリスクは大きい、諸刃の剣となる。

 

おまけ漫画