ポンしないでそろえた同じ3枚の牌を暗刻といい、
暗刻(アンコ)を3つそろえる役

スポンサードリンク

 

三暗刻 (サンアンコウ)

2翻役・食い制限なし

 

三暗刻 (サンアンコウ)とは、どんな役?

 

①暗刻(アンコ)を3つ作る。※暗槓(アンカン)でもOK

 

②最後の1組とアタマはなんでもOK ※字牌・数牌どちらでもOK

 

③テンパイの形に制限は無い。※どんな待ちでもOK

 

④食い制限がないから副露(フーロ)してもOK ※ただし3メンツは暗刻

 

 

三暗刻 (サンアンコウ)のアガリ例

 

 

東吉くん東吉くん

2つ暗刻(アンコ)でテンパイがシャボ待ちの場合は、
ロンアガリだと三暗刻 (サンアンコウ)にならないから注意してね。

ツモアガリだと三暗刻 (サンアンコウ)になるよ。

 

◆アガリ役のデータ◆

出現率:半荘1回の役の出現確率

副露:食い制限なし>食い下がり1翻>メンゼンのみの順で数値が高くなる。

翻数:役の高さ(最高数値は、役満の13翻)

重要度:役の重要度(数値が高いほど優先して覚えよう)

難易度:役作りの難しさ(高いほど作りにくい)

 

 

実戦でのポイント

 

三暗刻 (サンアンコウ)は3組の暗刻(アンコ)をそろえる役なので、

出来るかどうかは、配牌とツモで左右される。

2組の暗刻があれば、三暗刻 (サンアンコウ)を視野に入れて手作りしよう。

 

アガリを優先して、途中からトイトイに変化するのも一つの手です。

 

注意したいのは、シャボ待ちのテンパイの場合、ロンアガリしてできた

刻子(コーツ)は明刻(ミンコ)として、ツモアガリしてできた刻子は暗刻になる。

 

「ツモりサンアンコウ」と言われるのはシャボ待ちでツモってできた

サンアンコウのこと。