門前(メンゼン)で聴牌(テンパイ)しているときに
アガリ牌をツモると1翻役になる。

スポンサードリンク

門前清自摸和(メンゼンチンツモ)
通称:メンゼンツモ:1翻役・メンゼン役

 

副露(ポン・チー・明槓)しない手牌の形を「門前(メンゼン)といい、

メンゼンでテンパイをしていて、ツモでアガった場合は1翻役。

この「メンゼン・ツモ」の1翻役は、略して「ツモ」という。

 

東吉くん東吉くん

リーチをかけてツモアガリなら、リーチとツモで2役になるよ。

ただし、メンゼンなのが絶対条件!

忘れないでね。

 

 

 

◆アガリ役のデータ◆

出現率:半荘1回の役の出現確率

副露:食い制限なし>食い下がり1翻>メンゼンのみの順で数値が高くなる。

翻数:役の高さ(最高数値は、役満の13翻)

重要度:役の重要度(数値が高いほど優先して覚えよう)

難易度:役作りの難しさ(高いほど作りにくい)

 

実戦でのポイント

メンゼンツモはメンゼンだけで手作りを進める役だが、牌の組み合わせは自由。
他の役と複合しやすい利点がある。※他のメンゼン役(リーチなど)

ロンは他のプレーヤーの捨て牌でアガるから、確率的に3/4だが、
ツモは自分のツモ牌であがることになるので、確率は1/4になる。

ツモはロンにくらべてアガリにくいが上級者同士の対局は、
アガリ牌を滅多に打牌しないので必然的にツモアガリが多くなる。