理牌(リーパイ)とは、バラバラの配牌を
見やすく
並べかえることをいう

スポンサードリンク

最初に配られる牌は13
親だけは14

 

ゲームが始まったときに手元にある牌は13枚(親だけは14枚
これを配牌(ハイパイ)という。

※ゲームが進行中の場合は手牌(テハイ)という

 

牌が配られた直後は、並び順や牌の上下もバラバラの状態になっている。

これを図柄や数字順に並び替えると、下図のようになる。

牌の並べ方に特に決まりはないので、

自分が分かりやすいように牌を並べ替えよう。

牌を分かりやすいように並べ替えることを理牌(リーパイ)という。

 

ここがポイント

理牌のときにいらない牌(1枚だけの字牌など)は、
右端に置くと
捨て牌がスムーズになる。

シャーくんシャーくん

こうしてキレイに並べ替えておくと、
捨て牌を選ぶのもカンタンになり、
待ち牌も分かりやすくなるぞ。

 

おまけ