麻雀の牌は34種類の136

スポンサードリンク

 数牌と字牌 

麻雀で使用する牌は、数牌(シューパイ)字牌(ツーパイ)に分けられる。
数牌はワンズ(マンズ)ピンズソーズの3種類あり、
それぞれ1~9までの数字で構成されている。

字牌は「東(トン)・南(ナン)・西(シャー)・北(ペー)」の風牌(フォンパイ)
「白(ハク)・發(ハツ)・中(チュン)」の三元牌(サンゲンパイ)がある。

 

 

数牌

数牌の読み方は、麻雀独特の数字の呼称をするので、覚えておこう。

萬子は、9種類×4枚=36枚ある

 

索子は、9種類×4枚=36枚ある

 

筒子は、9種類×4枚=36枚ある

 

字牌

字牌の読み方も数牌と同じように、麻雀独特の呼称をする。

 

風牌は、4種類×4枚=16枚ある
三元牌は、3種類×4枚=12枚ある

 

中パパ中パパ

同じ牌は4枚ずつあるゾ。

南ニャン南ニャン

4枚×34種類だから、136枚の牌を使うんだニャ♪

 

 牌の分類 

さらにくわしく麻雀の牌をカテゴリー別に分類すると下図のようになる。

数牌のうち、1・9牌のことを老頭牌(ロートーハイ)といい、
2~8の牌を中張牌(チュンチャンパイ)という。

字牌の三元牌と風牌、数牌の老頭牌を合わせて、九牌(ヤオチュウハイ)という。

この用語をしっかりと覚えてからゲームを始めよう。