字牌と1種類の数牌だけで組み合わせた
アガリ役を混一色といい、3翻役

スポンサードリンク

混一色 (ホンイーソー)
通称:ホンイツ:3翻役・食い下がり2

 

混一色とは、どんな役?

①字牌と1種類の数牌(マンズ・ピンズ・ソーズのうち、どれか1種)で作る。

②順子・刻子どちらでもOK

③テンパイの形に制限は無い。※どんな待ちでもOK

④副露(フーロ)すると「食い下がり」といって3翻役が2翻役になってしまう。

 

 

混一色 (ホンイーソー)のアガリ例

 

うさぺーうさぺー

混一色は「ホンイツ」や「ホンイチ」などと呼ばれるわ。

メンゼンの場合なら「メンホン」。

1種類の牌を集めて混一色や清一色を狙うことを「染める」というわよ。

 

 

 

◆アガリ役のデータ◆

出現率:半荘1回の役の出現確率

副露:食い制限なし>食い下がり1翻>メンゼンのみの順で数値が高くなる。

翻数:役の高さ(最高数値は、役満の13翻)

重要度:役の重要度(数値が高いほど優先して覚えよう)

難易度:役作りの難しさ(高いほど作りにくい)

 

実戦でのポイント

数牌は1種類しか使用できないのが条件になるが、
字牌は7種類すべて使用できるので
意外に作りやすい役。

 

ただし、副露すると食い下がり2翻になってしまうので、
ドラも無く、他の役と複合できないと
安い手になってしまう。

※副露してドラも何もない、ホンイツのみの手を「バカホン」という

 

数牌を1種類だけ使用するので捨て牌から
他のプレーヤーに見破られやすいのがこの役の弱点。

だが、これは仕方のないことなので割り切ろう。

 

配牌時に同種牌が5~6枚以上あり、
字牌が対子になっていたらホンイツを
視野に入れて進めよう。

 

役牌、チャンタ、トイトイ、一気通貫、一盃口などの役と複合できるので、
複合次第で大物手に化ける可能性がある