誰もアガらない場合は、14牌残してゲームが終了する、
これを「流局」という。ある条件を満たすとゲーム途中で
流局になる。(ローカルルール)

スポンサードリンク

 流局(リュウキョク)とは 

流局(リュウキョク)は、王牌(ワンパイ)手前の海底牌(ハイテイ牌)まで
ツモっても誰もアガれないで終わってしまうことをいう。

流局とは、言わずに「流れる」「流れた」とも言われる。

読んで字の如く「流れる局」ということ。

親がテンパイしていない(ノーテン)場合は、次の人へ親の権利が移ることになる。

※親流れになる。

 積み棒があれば前回の親が出してあった積み棒は回収し、
 次の親が新たに出して、引き継ぐ。

例:積み棒が2本だった場合、次の親が1本追加で3本、場に出して「流れ3本場」となる。

親がテンパイしていれば連荘(レンチャン)と言ってそのまま親を継続する。
積み棒を1本追加してゲーム再開。

東吉くん東吉くん

いつでも王牌(ワンパイ)の14牌を残して、
ゲームが終わるんだね。

看板おさるのメイメイ看板おさるのメイメイ

海底牌(ハイテイ牌)をツモった人が打牌(ダハイ)して、
誰もアガらなかったら流局になるのよ。

 途中流局:ローカルルール 

ローカルルールだが、ある条件を満たすと、途中で流局にする場合もある。

※途中流局では、ノーテン罰符はつかない

※途中流局は、親が積み棒をプラスして、もう1回、親をする
 取り決め次第で変わるので確認しておこう

 

①四風連打(スーフーレンダ)

東家から北家までの4人が1巡目捨て牌が同じ風牌だった場合、途中流局になる。

1巡目に何も考えずに風牌を打牌してしまい、意図せず、
四風連打にならないように気をつけよう。

 

 

②九種九牌(キュウシュキュウハイ)

1ツモ親は配牌時)の時点で、14枚の牌の中に19牌と字牌(么九牌)が
9種類以上あれば(九種)、手牌を見せて(倒牌)、
九種九牌を宣言し、途中流局にできる。

注:自分の第一ツモの前に他のプレーヤーが副露した場合、
  (ポン・チー・カンをした場合)は九種九牌の宣言はできない

※九種九牌の宣言前にリーチされた場合は、九種九牌が優先されて
 途中流局になる。(リーチ棒は場に残る)

途中流局したくなければ、宣言せずに、そのままゲームを
 続行すればよい(役満:国士無双狙い)

 

 

 

4カン流れ:四開槓(スーカイカン)

2人以上で槓(カン)が4回発生したら途中流局になる。

ただし、1人で4回、槓した場合は、四槓子 (スーカンツ)という役が
できるので途中流局にならない。その場合は5回目の槓で流局する。

※嶺上開花(リンシャンカイホウ)と槍槓(チャンカン)という役も
 四開槓(スーカイカン)より優先される

4回目の槓で流局する理由

槓をすると王牌(ワンパイ)から嶺上牌(リンシャン牌)をツモるが
この嶺上牌は4枚しかないので、5回目以降の嶺上牌が
存在しないため、
4回目の槓で途中流局になる。

 

 

 

 

④4人リーチ:四家立直(スーチャリーチ)

4人全員がリーチをかけると途中流局になる。(同じ局内に限る)

※4人目のリーチ牌でアガられた場合は途中流局にならないので注意

 

 

 

3人ロン:トリプルロン:三家和(サンチャホー)

1つの捨て牌に対して3人のロンがあった場合、その局は流れる。

※3人のロンアガリは無効となり、途中流局になる。

ただし、ダブロン・トリプルロンが有効のルールで
ゲームしていた場合は、
その限りではない。(途中流局しない)

 

 

 

⑥チョンボ

局の途中で発生した反則行為で、その局のゲームが続行不能となる
チョンボをした場合、
途中流局となる。

その後、他のプレーヤーに罰符(バップ)を払う。※満貫払い

親のチョンボ:親は流れる

子のチョンボ:親は流れない