門前(メンゼン)のテンパイでアタマ以外の4組が、
すべて順序の組み合わせからなる基本的なアガリ役で1翻役。

スポンサードリンク

 平和(ピンフ)1翻役・メンゼン役 

 

ピンフでアガるための4つの条件

 

①アタマが役牌ではないこと ※オタ風牌はOK

 

②4組が、いずれも順序の組み合わせ ※順子(シュンツ)にする

 

③メンゼンでテンパイすること(副露したら不成立)

 

④先にアタマができて、テンパイが両面待ちであること

※あるいは、両面待ちが複合した多面待ち

 

 

 

平和(ピンフ)のアガリ例:東場・南家の場合

 

 

 

実戦でのポイント

4組の順子(シュンツ)をつくる役なので、確率的につくりやすい役。

 

ピンフだけでは1翻役だが、他の役との組み合わせも多くできるので
高得点も期待できる。

 

役づくりの基本となる役、それが平和(ピンフ)

 

平和に始まり、平和に終わる

という麻雀の格言があるぐらい重要な役、しっかり覚えよう。

 

 

 

◆アガリ役のデータ◆

出現率:半荘1回の役の出現確率

副露:食い制限なし>食い下がり1翻>メンゼンのみの順で数値が高くなる。

翻数:役の高さ(最高数値は、役満の13翻)

重要度:役の重要度(数値が高いほど優先して覚えよう)

難易度:役作りの難しさ(高いほど作りにくい)

 

東吉くん東吉くん

平和(ピンフ)は、作りやすくて、ドラも乗りやすいし、
両面待ちだからアガりやすいね♪

オタ風は、ピンフのアタマに使っちゃおう♪

 

 

 

平和(ピンフ):多面待ちについて

 

シャーくんシャーくん

ピンフは両面待ちか両面待ちが複合した多面待ちが条件だ。

例えば下図の多面待ちだ。アガリ牌がわかるか?

 

南ニャン南ニャン

ええと… これのアガリ牌は、
 だニャ……。あっ  もニャ。

シャーくんシャーくん

そうだ よく分かったな。この場合は
 の牌の分け方がポイントだ。

 

 

 

シャーくんシャーくん

では、次の場合の待ちは、どうなる?

少し難しいぞ!

南ニャン南ニャン

シャーくん、これさっきと同じ待ちだニャ。

 ニャ。簡単だニャ♪

 

シャーくんシャーくん

本当に、そうか?

では、このように分けるとどうなる?

 

このように  の待ちは、アタマ無しの単騎待ちになる。

 が刻子になるとピンフにならないぞ。

南ニャン南ニャン

あっ! 本当ニャ!

シャーくんシャーくん

このように両面待ちと単騎待ちが複合することは、よくあるぞ。
テンパイしたらしっかり確認しておかないと
フリテンになってしまうから気を付けるんだぞ。

ちなみに正解は、  のノベタン待ち
 の3面待ち変則5面待ちだ。

 ならピンフでアガれるが
 ならピンフでアガることは出来ないぞ。

 

 

 

おまけ漫画