アタマ以外がすべて刻子(同じ牌が3枚づつ)
組み合わせをトイトイといい、2翻役

スポンサードリンク

対々和 (トイトイホー)
通称:トイトイ:2翻役・食い制限なし

 

トイトイとは、どんな役?

 

①雀頭(ジャントウ)と刻子(コーツ)か槓子(カンツ)を4組そろえるだけの役。

 

②面子の組み合わせで、順子(シュンツ)は使用できないが字牌は使用しても良い。

※雀頭の字牌も可

 

③役が刻子系なのでテンパイの形は、シャボ待ちか単騎待ちになる。

 

④副露(フーロ)してもOK。※食い制限なし

 

 

 

対々和 (トイトイホー)のアガリ例

 

 

發美ママ發美ママ

食い制限なしで同じ牌が3枚(刻子)でつくる役なので
おぼえやすいのが特徴よ。

手牌に対子(同じ牌が2枚)が4組あれば、トイトイを狙うのもいいわね。

 

 

 

◆アガリ役のデータ◆

出現率:半荘1回の役の出現確率

副露:食い制限なし>食い下がり1翻>メンゼンのみの順で数値が高くなる。

翻数:役の高さ(最高数値は、役満の13翻)

重要度:役の重要度(数値が高いほど優先して覚えよう)

難易度:役作りの難しさ(高いほど作りにくい)

 

 

 

実戦でのポイント

 

トイトイは、食い下がりがないので「初心者が好む役」と言われている。

 

しかし、トイトイだけでは、2翻役になり、もったいないので
役牌食いタン
三暗刻(サンアンコー)と複合を狙ってみよう。

 

トイトイは、手の内にある対子を「ポン」してそろえるのが
基本の役だけど4組の刻子のうち、
1組(可能なら2組)は暗刻にしたい。

 

副露の弱点の1つだが、「ポン」を多用すると手持ちの牌が少なくなり、
振り込んでしまうリスクが高くなる。