誰が、どの席に座るかを決める「場所決め」は
「つかみどり」という方法で決めるのが一般的です。

スポンサードリンク

簡単な場所決め①
風牌つかみ取り:居座り法

 

最初はこの場所決めを覚えておき、慣れてきたら他の場所決めも覚えよう

 

◉場所決めの手順

 

4つの風牌を出す。

 

裏返しにして混ぜる。
 ※混ぜる人は誰でもよい

 

 

各プレーヤが1枚ずつ牌を取る。

 ※混ぜた人は最後に残った牌を取る

 

 

  を取ったシャーくんは、

 仮東(カリトン)となり、そのままで

 他の3人が  ➡  ➡  の順にすわる。

 

 ※このあとに親決めをしてゲーム開始となる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単な場所決め②
風牌つかみ取り:白起点法

 

簡単な場所決め①と似ているが、使用する牌が1つ増える。

 

◉場所決めの手順

 

4つの風牌と  を出す。

 

 

裏返しにして混ぜる。

 ※混ぜる人は誰でもよい

 

 

各プレーヤが1枚ずつ牌を取る。このときに  を引いた
    プレーヤーは、もう1枚の牌を取る。

 ※混ぜた人は最後に残った牌を取る

 

 

 

 

  を取った東吉くんの場所が、仮東(カリトン)になる。

 そこに起家マーク(チーチャマーク)を置く。

 

 起家マークの席へ  を引いたうさぺーが移動して、

 そこから反時計回りに  ➡  ➡  の順番ですわる。

 ※このあとに親決めをしてゲーム開始となる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正式な場所決め:振りサイ

 

振りサイ法は正式な場所決めの方法だが、あまり用いられることは少ない。

知らない人も多いと思うので覚えておけば、尊敬されるかもしれない。

 

◉場所決めの手順

 

4人がそれぞれ好きな席にすわる。
4つの風牌と  を出す。※  や  でもOK。

 

 

裏返しにして混ぜる。
 ※混ぜる人は誰でもよい

 

 

③6枚の伏せ牌を作った向かいの人(うさぺー)が、

 1回目のサイコロを振る。

 

  で6だから、うさぺーから6の目に

 あたる(右6)シャーくんの席が「仮東」に決まる。

 

 

1回目のサイコロ(6)で仮東になったシャーくんが、

 2回目のサイコロを振る。

 

  で11だから、シャーくんから11の目の席(対11)に

 あたる南ニャンから場所決めの牌を取る。

 

 

伏せてある6枚の牌を表にする。

※牌の位置を変えないようにする

 

 

表にした牌のうち、  を端に移動させる。

 ※  が奇数、  が偶数を意味している。

 


 

サイの目が(11)と奇数だったので  の側の  を

 南ニャンが取る。

    続いて反時計回りにうさぺーが  、シャーくんは  、
 東吉くんが  を取り、それぞれの席に着く。

 

 

注:混ぜた牌の結果によって奇数・偶数の向きが変わる。

   必ずしも上図の結果通りにならない。