ゲームを始める前に各プレーヤーの点棒が
正確に配られているか確認する習慣をつけよう

スポンサードリンク

 点棒の種類や点数 

 

麻雀の点棒は主にアガった役の点数支払いの為に使用するが、

現状の場がいくつか表したり(本場数)、リーチするためにも必要になる。

 

 

 

25千点持ちの3万点返し◆

①麻雀のスタート時の点数は3万点だが、そこから5千点ずつを引いて、

5000点 × 4人 = 20000点 をトップ賞として、

1位の人の勝ちにする。

 

つまり、1位の人にゲーム終了後、20000点がプラスされる。

 

 

2万5千点でスタートしても、ゲーム終了後に行う清算は、

 3万点にいくら多いか少ないかで計算する。

 

例:ゲーム終了後、27000点の場合

清算は点数をポイント(pt)に変換して行う。

 

30000点が原点になるので27000点の場合は-3ptとなる。

※1000点を1ptとして計算し、原点(30000点)が±0として計算する

 

 

 

算方法:もっとくわしく

 

清算方法の例

ゲーム終了後の各プレーヤーの点数

※点数の百の位は五捨六入四捨五入する。
 どちらのルールにするか事前に決めておく

 

・プレーヤー1(46000点)
・プレーヤー2(31000点)
・プレーヤー3(16000点)
・プレーヤー4( 7000点 )

 

持ち点が「25000点の30000点返し」になので、30000点が原点となる。

・プレーヤー1は、46000点 - 30000点 = 16000点(+16pt)1位
・プレーヤー2は、31000点 - 30000点 = 1000点(+1pt)2位
・プレーヤー3は、16000点 - 30000点 = -14000点(-14pt)3位
・プレーヤー4は、  7000点 - 30000点 = -23000点(-23pt)4位

 

これに1位の人がトップ賞をもらえる。※これを「オカ」という

 

「25000点の30000点返し」の引いていた5000点×4人=20000点が

計算されていないので、その20000点(+20pt)が1位の人に加算される。

 

 

 

・プレーヤー1の+16ptにトップ賞(オカ)の+20ptが加算されて最終的に+36ptになる。

 

・プレーヤー1は、36pt
・プレーヤー2は、1pt
・プレーヤー3は、14pt
・プレーヤー4は、23pt

 

これ以外に「オカ」を1位に15、2位に5するルールもあるが、

麻雀は、トップを取りにいくことが目的のゲームなので、

1位総取りというルールがオススメ。

 

 

 

 

 ウマ:清算方法② 

 

順位ウマ:ウマにも種類があるが、採用率の高い順位ウマを説明する。

 

通称 3位から2位へ支払う 4位から1位へ支払う
5-10:ゴットー 5000点(5pt) 1万点(10pt)
10-20:ワンツー 1万点(10pt) 2万点(20pt)
10-30:ワンスリー 1万点(10pt) 3万点(30pt)
20-30:ツースリー 2万点(20pt) 3万点(30pt)

 

最終的に順位が決定したら、その順位ごとに点数のやり取りをすること。

 

具体的には、4位の人が1位に、3位の人は2位にそれぞれ持ち点から支払う。

上の表は、点数の内訳になる。

 

1位と2位は勝者となる点数がもらえるが。逆に3位と4位は敗者といえる
キツイ支払いが課せられる。

 

これが順位ウマと呼ばれる点数清算方法です。

 

そのほかのウマについては、こちらのサイトを参照