萬子(マンズ)・筒子(ピンズ)・索子(ソーズ)3種類で
同じ順序の
組み合わせをそろえると三色同順といい、
2翻役である

スポンサードリンク

三色同順 (サンショクドウジュン)
2翻役・食い下がり1

 

 

三色同順とは、どんな役?

 

①マンズ・ピンズ・ソーズの3種類で同じ数字の組み合わせの順子を3組つくる。

 

②残った面子の組み合わせは、順子(シュンツ)、刻子(コーツ)どちらでもOK。

字牌を使用しても良い。 ※制限無し・雀頭の字牌も可

 

③テンパイの形に制限は無い。※どんな待ちでもOK

 

④副露(フーロ)すると「食い下がり」といって2翻役が1翻役になってしまう。

 

 

 

三色同順 (サンショクドウジュン)のアガリ例

 

 

南ニャン南ニャン

上の図は4、5、6を萬子・筒子・索子の3種類とも作ったから
三色同順だニャン。

ちなみに三色同順は略称で呼ばれるのが、一般的で「サンショク」や
「サンシキ」と言うニャ。

 

 

 

◆アガリ役のデータ◆

出現率:半荘1回の役の出現確率

副露:食い制限なし>食い下がり1翻>メンゼンのみの順で数値が高くなる。

翻数:役の高さ(最高数値は、役満の13翻)

重要度:役の重要度(数値が高いほど優先して覚えよう)

難易度:役作りの難しさ(高いほど作りにくい)

 

 

 

実戦でのポイント

 

三色同順は、できるだけメンゼンでつくりたい。

副露すると食い下がり1翻になる

 

メンゼンでは無理なら「チー」でテンパイしよう。

 

副露した場合は、食いタンや役牌を複合させて食い下がった分を取り戻そう。

 

中パパ中パパ

先にサンショクの部分を確定させるのは難しい。

副露すると平和一盃口などの役と複合できなくなるゾ

 

 

 

 

おまけ漫画