同じ種類で、123456789という
3つの順序の組み合わせをそろえた役を一気通貫イッキツウカンという

スポンサードリンク

一気通貫 (イッキツウカン)
通称:イッツー:2翻役・食い下がり1

 

一気通貫イッキツウカンとは、どんな役?

 

①同じ種類の数牌で、連続した数字の順子を3組つくる。

※「123・456・789」のメンツで萬子・筒子・索子のうち、一種類だけでつくる

 

②残った面子の組み合わせは、順子(シュンツ)、刻子(コーツ)どちらでもOK

字牌を使用しても良い。※制限無し・雀頭の字牌も可

 

③テンパイの形に制限は無い。※どんな待ちでもOK

 

④副露(フーロ)すると「食い下がり」といって2翻役が1翻役になってしまう。

 

 

 

 

一気通貫 (イッキツウカン)のアガリ例

 

 

うさぺーうさぺー

同じ種類で1~9まで一気にそろえる!

それがイッツーよん。

マンズ・ピンズ・ソーズどれでもOKよ~ん♪

 

 

 

 

◆アガリ役のデータ◆

出現率:半荘1回の役の出現確率

副露:食い制限なし>食い下がり1翻>メンゼンのみの順で数値が高くなる。

翻数:役の高さ(最高数値は、役満の13翻)

重要度:役の重要度(数値が高いほど優先して覚えよう)

難易度:役作りの難しさ(高いほど作りにくい)

 

 

 

実戦でのポイント

 

同種類の数牌が6、7枚ほどあれば、イッツーを視野に入れておこう。

 

「チー」をすると食い下がり1翻になってしまうだけでなく、
ピンフやイーペーコーなど、
複合できる役が少なくなってしまうのが欠点。

 

序盤から、イッツーができる保証が無いのに「チー」をするのは避けた方が無難。

「チー」したあとは他の役に変更することが難しく、役がなくなるリスクが高い。

 

※イッツーは順子系の役なので、副露すると

他の順子系の役(ピンフやイーペーコー)などに頼ることができない

(メンゼン役なため)