相手の捨て牌をもらい、同じ牌を3枚にする方法を
「ポン」といい、もらうときは「ポン」と発声する

スポンサードリンク

 「ポン」をする手順 漢字表記は「碰」 

 

①例として下図のように手牌の中から刻子(コーツ)にしたい、

 数牌か字牌があるとする。

 

 これを誰かの捨て牌をもらって刻子にする。

 

 

②自分以外のプレーヤーが自分が欲しい  を捨てたのを
確認したら、「ポン」と発声して  をもらう。

 

 

 

 

③「ポン」をしてできた刻子を手牌から出して、卓の右脇に晒す。

 

 

 

④手牌から、不要な牌を1枚捨てる。

※ポンをしたらツモは、できないので注意
 次に自分のツモ順が来たらツモしよう。

 

 

 

ここがポイント

「ポン」があると、ツモの順番はポンをした人の右隣りの人に移る。

※ツモの順番が抜かされてしまう

 

 

例えば、正面の人(対面)の捨て牌をポンした場合、

次のツモは、ポンした人から見て右隣りの人(下家)に移る。

 

 

 

 ポンをした牌の晒し方 

 

◇左隣りの人(上家)からポンした場合

 (左端の牌を横向きに)

 

◇正面の人(対面)からポンした場合

 (真ん中の牌を横向きに)

 

◇右隣りの人(下家)からポンした場合

 (右端の牌を横向きに)

 

 

 

 

ここがポイント

◆明刻(ミンコー)と暗刻(アンコー)

 

ポンをしてつくった刻子コーツ明刻(ミンコー)といい、

ツモしてつくった刻子コーツ(副露フーロせずに)を暗刻(アンコー)という。

 

刻子コーツとは、ツモやポンをして同じ牌を3枚そろえてつくった面子メンツのことをいう。