1局ごとに表示される特別な指定牌のこと。
アガったときにその牌があると1役増える。

スポンサードリンク

 ドラ(懸賞牌)とは 

 

配牌のときに残した王牌ワンパイと呼ばれる牌山の末尾から左に3番目の牌

ドラ表示牌といい、次の牌を「ドラ」といって、1枚につき、

アガリ役が1役増える、おいしい牌のこと。

 

 

 ドラの決め方 

 

配牌を始める牌山が決まると同時にどの牌がドラ表示牌になるかが決まる。

ドラ表示牌をめくる人は、王牌の前に座ってる人が一般的です。

 

 

 

ドラ表示牌は、配牌のときにサイコロを振って、

牌山を切り離したところから3列目の上の段の牌になる。

 

 

 ドラ表示牌とドラの関係 

 

実際のドラは、めくられた牌と同じ種類で1つ上の牌になる。

ドラ表示牌ドラじゃないので間違えないように。

 

上図の例だと  の上の  がドラとなる。

 

 

 

 

 

◆裏ドラについて◆

 

裏ドラとは、リーチをかけてアガったときに

「本来のドラ表示牌の下の牌もドラ表示牌になる」というルールです。

 

リーチしているのが条件でアガってからめくるので、

お楽しみ要素が強く、広く採用されている。

 

 

 

◆赤ドラについて◆

 

赤ドラとは、 を  と交換して混ぜて、

その赤い牌をドラとして扱う。

 

通常のドラと組み合わせることによって、点数がハネ上がる。

赤ドラが1枚につき1翻プラスされるが、赤ドラだけではアガれないので注意!