必要な牌があと1枚加われば
アガリになる状態を聴牌テンパイという。

スポンサードリンク

 テンパイの例 

両面リャンメン待ち

嵌張カンチャン待ち

辺張ペンチャン待ち

双碰シャンポン待ち または(シャボ待ち)

単騎タンキ待ち ※(アタマ待ち)とも言う

⑥ノベタン待ち

3面さんめん待ち

※3面待ち以上の待ちは多面張タメンチャン または、多面タメン待ちとも言う

 

 

 ①両面待ちリャンメン待ち) 

 

隣り合った2枚の牌の両側を待つことを両面リャンメン待ちといい、

テンパイの基本になる待ち。

 

 

スポンサードリンク

 

 ②嵌張待ち(カンチャン待ち) 

 

数が1つとんでいる2枚で、

あいだ待ちをしている状態をカンチャン待ちという。

 

 

 

 ③辺張待ち(ペンチャン待ち) 

 

1・2の牌で3か、8・9の牌で7を待つテンパイのことをペンチャン待ちという。

 

 

 

 ④双碰待ち(シャンポン待ち) 

 

同じ牌2枚が2組あり、

どちらかがくればアガれる待ちのことをシャンポン待ちという。

 

 

 

 ⑤単騎待ち(タンキ待ち) 

 

アタマ待ちともいい、

アタマ(雀頭ジャントウ)だけがまだ出来ていないテンパイのことをいう。

 

 

 

 ⑥ノベタン待ち 

 

テンパイしたときにアタマがなくて、2・3・4・5など、2か5のアガり牌、

どちらか一方がくれば、アタマとメンツの両方が完成するテンパイ。

 

 

 

 ⑦3面待ち 

両面リャンメン待ち2組の組み合わせで、3つのテンパイになる。
一番アガリやすい待ちをいう。